fc2ブログ

リスク管理

コロナショックの急落局面で優待付のバリュー株をいくつか拾いにいった。
短期のリバウンド狙い。結果、リバウンド高値をつかんだ感じ。そこから、もう一段の下落。
バリュー株は基本、不人気であるから自立反発が遅い。
成長株は自立反発が早いが、ボラティリティーの収縮が見えるまで待つ。
落ちるナイフを取りにいくのではなく、落ちているものを拾う感じでよい。
ボールが今どこにあるか感じる。

急落にも質がある。
重度(長期)と軽度(短期)、それに一時の小休止。これとどう向き合うか。
今回はリスクを軽視していた。

投資家は、「常に最悪を想定して準備する」
「市場で生き残ることが最も重要である」

コロナショックによる株式市場への対応は、新型コロナウィルスに関する情報と認識のズレがリスク対応の明暗を分けた。
個別銘柄についても同様のことが言える。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コドクノエイジス

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ